トイレつまりは冷静に判断|トイレがつまっても大丈夫!専門業者に依頼しよう!

トイレがつまっても大丈夫!専門業者に依頼しよう!

綺麗なキッチン周り

トイレつまりは冷静に判断

綺麗な水回り

何も落としていないのにトイレつまりが発生したという場合、まずは自分で試してみる必要があります。水道修理業者では、ちょっとしたトラブルでも職人の人に出張をして来てもらうことになるので、それなりの高額な料金がかかってしまいます。まず、流したトイレットペーパーの量が多くなかったか振り返ってみる必要があります。 一度に流れる水の量に対してたくさんのトイレットペーパーを入れた場合には、水溶性のトイレットペーパーであっても溶けきれずに残ってしまうことになります。つまり、排水管の中で蓋をしてしまった状態になり、これが原因となってトイレつまりが発生することになります。 上から水を足すことによって溶かすことができますが、レバーで水を流せば量が多いこともあるので、便器内からあふれてしまう危険性もあります。バケツに水を汲んだものを状態をチェックしながら流していくといいでしょう。また、スッポンとも呼ばれているラバーカップを用意しておけば押し出すことができるので、万が一の場合に備えて一つ購入しておくといいでしょう。

トイレつまりの原因は、トイレットペーパーやトイレ掃除用のウェットペーパーなどの水溶性のものであれば自分でもトラブルの解消ができますが、物を落としてしまったという場合にはラバーカップで押し出すわけにもいきません。子供さんが小さなおもちゃを落としてしまったり、ズボンの後ろポケットに入れていたはずのハンカチやポケットティッシュ、携帯電話などもトイレつまりでよくある原因となるものなのですが、いらないものであっても上から取り出す必要があります。 もう一度水を流してみたりラバーカップで押し出せたとしても、排水管は建物の中を曲がりくねって配備されているのでまた別の場所で詰まる可能性もあり、奥に行くほど修理は困難になってきます。ゴム手袋をして便器の奥を探ってみることから始め、手が届かない奥の方に行ってしまった場合には特殊な工具も必要になることから専門の水道修理業者に頼んだ方が安心です。

↑ ページトップへ